ホームページ制作 千葉 松戸|ピーシー・ブレイン|WEBを使った集客はお任せ下さい

集客ホームページの企画制作、運用支援ならピーシー・ブレインへ

千葉・東京・埼玉・神奈川のお客様は無料訪問相談も承っております。お気軽にお声かけ下さい。

0120-841-179
受付時間 9:00~17:45(土日祝祭日を除く)

ご担当者名
ご法人名
お電話番号
Email

業種別・地域別ホームページ制作事例 ピーシー・ブレインが手がけたWEBサイトをご覧下さい 一覧を見る

  • 東京大学 APIEL
    CLIENT
    東京大学 APIEL様
  • 千葉土建一般労働組合
    CLIENT
    千葉土建一般労働組合様
  • 飯沼石材株式会社
    CLIENT
    飯沼石材株式会社様
  • 岡製作所
    CLIENT
    岡製作所様
  • 東京理科大学 総合研究機構
    CLIENT
    東京理科大学 総合研究機構様
  • 木山製作所
    CLIENT
    木山製作所様
  • 松戸大栄青果
    CLIENT
    松戸大栄青果様
  • 住商アビーム自動車総合研究所
    CLIENT
    住商アビーム自動車総合研究所様
  • アクア会計事務所
    CLIENT
    アクア会計事務所様
  • ドリマックス
    CLIENT
    ドリマックス様
  • アーネストペイント
    CLIENT
    アーネストペイント様
  • 江東堂高橋製作所
    CLIENT
    江東堂高橋製作所様

制作事例・お客様の声

集客効果の最大化のために

ピーシー・ブレインは千葉を中心とする関東一円の企業様のホームページ制作・管理に20年に亘り携わってまいりました。
しかし「ホームページ制作」はそれ自体が目的ではありません。
ホームページはお客様のビジネスの集客効果を最大化するための1つの手段です。

営業・集客ツールとしてのホームページ活用方法を常に研究することはもちろん、
それをお客様に最も適した形でご提供するには、お客様ビジネスの内容、強み、競合、業界の動きを熟知していなければなりません。
貴社の頼りがいあるビジネスパートナーであるために。

だから私たちは、お客様を徹底的に知ることから始めます

選ばれる理由

ピーシー・ブレインのホームページ制作が多くのお客様に選ばれるのには理由があります。

  1. 無料訪問相談

    無料訪問相談 イメージ

    Face to Faceで詳しくお話を伺えるよう千葉・東京・埼玉・神奈川のお客様は無料訪問相談も承っております。

  2. 優れたデザイン性

    優れたデザイン性 イメージ

    ホームページを訪れたお客様に第一印象で信頼感、安心感を与えられるようなデザインをご提案します。

  3. 万全のSEO対策

    万全のSEO対策 イメージ

    経験と実績に裏打ちされた万全の対策でGoogle、Yahoo!など検索エンジンでの露出を高めます。

  4. 訪問者をゴールへ

    訪問者をゴールへ イメージ

    豊富なマーケティング知識で訪問者を購入・お問い合わせなどのゴールへと導く人数を最大化できます。

  5. 圧倒的な実績

    圧倒的な実績 イメージ

    ピーシー・ブレインは創業20年。多様な業種での成功例や失敗例をお客様プロジェクトの成功に活かします。

  6. 安心のサポート

    安心のサポート イメージ

    ホームページは作って終わりではありません。細やかなサポートで公開後も競争力がメキメキUPします。

ホームページに関するお悩み
ピーシー・ブレインにお聞かせ下さい

  • ホームページはあるがお問い合わせがまったく来ない!
  • 検索エンジンで検索をかけてもなかなか上位に表示されない!
  • ホームページのデザインが競合他社に比べて古い気がする…
  • 手間がかかりすぎるホームページの更新をもっと楽にできるようにしたい!
  • 新規事業のホームページを立ち上げたい!
  • 千葉県内や松戸市周辺の「打ち合わせに来てくれる」業者を探している。
  • 担当者が辞めてしまって何も分からなくなってしまった。
  • 現在管理を任せているホームページ会社の対応に不満がある。

千葉・東京・埼玉・神奈川のお客様は無料訪問相談も承っております。お気軽にお声かけ下さい。

0120-841-179
受付時間 9:00~17:45(土日祝祭日を除く)

ご担当者名
ご法人名
お電話番号
Email

ホームページマーケティングのヒント

こんにちは、ピーシー・ブレインの高山です。
プロ野球の開幕やJリーグの再開だけでなく、東京オリンピックの開催も延期が決まりました。新型肺炎も治療法が確立してせめて通常インフルエンザ並になって落ち着いて欲しいところです。
さて、今回はリモートワーク・テレワークに関する話題を中心にお届けします。

無料ツールで始めるリモートワーク

新型肺炎の影響もあり、全社でリモートワークを始める企業も増えてきました。
今回は、無料ツールを利用してすぐにできるリモートワークの実践方法をお伝えします。

▼ビデオ会議を実践する

リモートワークで一番気になるのがコミュニケーションです。テキストだけのチャットやメール、音声通話だけでは、ニュアンスが伝わらない、顔が見えないことを不安に感じる人も多いでしょう。そんな悩みを解決するためのツールがビデオ会議ですが、使い方が難しそうと思っていませんか?
スマートフォンのテレビ電話機能を使う方法もありますが、多人数の会議でスマートフォン・PCのどちらでも使える「スカイプ」「ハングアウトMeet」「Zoom」などが便利です。

スカイプアプリの準備

スカイプのアプリは次の場所からダウンロードできます。PC用とスマートフォン用がありますので利用環境に合わせてダウンロード、インストールしてください。

スカイプのダウンロード

https://www.skype.com/ja/get-skype/
なお、Windows10では、マイクロソフトストアから入手することもできます。

※ご注意
なお、似たような「Skype for Business」というアプリもありますが、これは別のアプリで相互に接続ができません。
ここで取り上げているのは「Skype」ですのでお間違いのないように。

ビデオ会議を始める方法

スカイプでビデオ会議を始める一番簡単な方法は、会議用のリンクを作って参加者にアクセスしてもらう方法です。次のページで会議用の招待リンクを簡単に作ることができます。

スカイプビデオ会議作成

https://www.skype.com/ja/free-conference-call/

  • このページにアクセスして「無料の会議を作成」ボタンをクリックすると右図のようにリンクが生成されます。
  • このリンクを、メッセンジャーやメール等を使って、参加者に通知します。
  • 参加者はリンクにアクセスし、スカイプアプリを起動あるいはWeb版画面を開きます。
  • あとは画面の指示にしたがって「ゲストとして参加」またはサインインした後に表示される会議画面で「通話を開始」することでもらうだけでビデオ会議を始めることができます。

スカイプでは、アカウントを持っていない利用者でも会議通話に参加できる「ゲスト機能」があります。これを利用することで、面倒なアカウント作成を省略し手っ取り早くビデオ会議を始めることができるのです。

※スマートフォンでは、スカイプのアプリを事前にインストールしておく必要があります。
なお、継続的にスカイプを利用した通話・会議を行う場合は、アカウントを作成しておいた方が便利です。

快適なビデオ会議にするための工夫・機器


☆スマホスタンド(三脚)
スマートフォンでビデオ会議をする際には、簡易なスタンドがあるととても便利です。100円ショップで手に入るようなものでも使えます。

☆スピーカーフォン(マイク・スピーカー)
ビデオ会議において重要なのは、映像よりも音声です。その点ではカメラよりも気にしておいた方が良いかも知れません。多くの方が、スマホなどで使うイヤホンマイクをそのまま利用していると思いますが、使用する時間が長くなるとどうしても身体への負担がかかります。


また、会議室など複数人が同じ場所に集まった場所でのミーティングでは、発話するたびにマイクを変えるのは非常に手間です。そんなときに活躍するのがスピーカーとマイクが一体型になったスピーカーフォンです。


なお、この製品は、価格が音質・性能にほぼ比例しています。安価なモデルだと、音質(集音、再生ともに)が悪くお互いに聞き取りにくくなります。弊社でも以前には安価なUSBマイクを使っていたことがありますが、雑音が入ったり声が小さかったり籠ったりと事務所とのコミュニケーションに難がありました。3~4万程度の製品を導入してからは、入力出力ともにかなりクリアな音質になり的確に声を拾ってくれるのでコミュニケーションのストレスも解消されています。

また複数人で利用する時には、話者の方向がバラバラなので複数のマイクが内蔵されているモデルの方が、しっかりと集音でるので、そういったモデルを選択すると良いでしょう。

スムーズなオンライン会議のコツ

ビデオ会議は、できるだけ安定した通信環境を用意してください。4Gやモバイルルーターよりも、Wifiさらに、有線接続が望ましいです。どうしても安定しない場合は、該当者の映像をオフにして音声のみにすることで、最低限の進行ができるようにすることも考えてください。

資料・書類の共有の実践

ビデオ会議と並んで、リモートワークで求められるのは資料・書類の共有です。

▼クラウドサービスを利用した共有

One Drive, Google Drive, Dropbox のようなストレージサービスを利用しているのであれば、同じサービスのアカウントを持っている相手を選ぶことで簡単共有することができます。
これらのサービスでは、スマートフォン用のアプリも用意されているので、PCが無い状況でもデータを参照するだけでなく、更新することもできます。
実際に共有設定をする際には、共有する相手とともに更新・編集も許可するか、閲覧のみを許可するか権限についても確認しておきましょう。
なお、注意が必要な共有方式もあります。「リンクを知っていれば誰でもアクセスできる」というタイプです。この共有の場合は、意図せず第三者が閲覧・編集できる状況が発生します。業務での利用は原則相手を指定して共有するようにしましょう。

▼リモートアクセスを利用して社内環境で共有

どうしても社外へ持ち出したくない資料や、システムやツールの関係で社内環境でしか利用できないケースもあります。このような時には、リモートアクセスのサービスを利用します。
有償ですが「TeamViewer」や「AnyDesk」というサービスがよく知られています。スマートフォン用のアプリも提供されているので、PC以外からの端末からアクセスすることもできます。これらのツールは、社内の端末をそのまま利用するので、既存のシステム変更や業務ルールの変更が必要ないので、すぐに導入・利用を始めることができることも大きな特徴です。
なお、上記とは別に新型コロナ対応支援として、無料(試用含む)で同様のサービスを提供しているところもあります。実際に利用したことないので使用感は不明ですが、参考にしてみてください。

 Desktop VPN   https://www.desktopvpn.net/
 SPG-Remote Standard  https://bit-brain.jp/
 Splashtop Business Pro  https://www.splashtop.co.jp/products-service/

スタッフのツイート 

【藤井】

外出もままならぬ日が続いておりますので、煮込み料理の横で作ってみました。
古代日本のチーズ的なナニカ…「蘇」。
流行っている食べ物にはとりあえずチャレンジしてみる藤井です。
牛乳半パックを煮詰めること1時間。これがウン十年前に社会科資料集で見た蘇…! 評判通りミルクケーキを思わせる素朴な味わい。
少量の蘇で赤ワインが無限に進む勢いでしたので強い心で止めました。

【瀬川】

いつになったら普通の日常に戻れるのか。
皆さんは休日どのようにお過ごしですか?
私はひたすらテレビ、スマホ・・・スマホに飽きたらまたテレビ。
そんなダメ人間まっしぐらな生活を送っております。
早くコロナが終息してくれることを願う日々です。

【田島】

臨時休校や、各種卒園・卒業式の縮小など新型肺炎の影響がありましたが、新しい門出に立つ新入生たちには、前向きなワクワクやドキドキする気持ちをたくさん大事にしてほしいなと思います。
私事ですが、早いもので下の子も小学校に上がります。
4年前にも味わった親の緊張の再来です(笑)

【青木】

週末、春らしい気候だったので自転車で開花パトロールにでかけました。
川の土手一面に咲く菜の花、もうすぐ満開の桜並木、庭先の桃やこぶしもきれいでとても気持ちがよかったです。
近くにザリガニ池を発見しひとしきりザリガニ釣りを楽しんで帰ろうとしたところ、なんとキジに遭遇! 鮮やかな青緑の羽と真っ赤な顔、「ケーンケーン」と鳴く声がとても大きくて大迫力でした。
不安な日々が続いていますが、とても晴れやかでワクワクした気持ちになれたひと時でした。

【後藤】

家族の写真整理を始めました。子供が小さい頃の8mmやVHSは業者にお願いしてDVDにしてもらいました。
写真はネガからの焼き増しができない状態になっていたので年代やイベントごとに整理してスキャナでとって保存をしていますがなかなか終わりの見えない作業です。せっかくなので気長にきれいに整理保存しようと思います。

2020.03.01
ニュースレター 『2020年度の情報セキュリティ10大脅威』ニュースレター 2020年3月号を掲載。
2020.02.01
ニュースレター 『Windws7のサポート終了!』ニュースレター 2020年2月号を掲載。
2020.01.17
お知らせ WEBデザイナー スタッフ募集中!
2020.01.01
ニュースレター 『新年のご挨拶』ニュースレター 2020年1月号を掲載。
2019.12.01
ニュースレター 『年末年始を意識して総点検をしてみましょう』ニュースレター 2019年12月号を掲載。

過去のニュースレター
一覧を見る

新着情報

2020.01.17
お知らせ WEBデザイナー スタッフ募集中!

お知らせの
一覧を見る