千葉・東京・埼玉・神奈川のお客様は無料訪問相談も承っております。お気軽にお声がけ下さい。

0120-841-179
受付時間 9:00~17:45(土日祝祭日を除く)

今すぐ相談する(1営業日以内に折り返します)

ホームページ活用講座NEWSLETTER

ブログのその画像、本当に大丈夫ですか?

            こんにちは、ピーシー・ブレインの高山です。
            今年の富士山の初冠雪が9/7から9/26に訂正になったというニュースがありました。そもそも一年を通して雪が降る富士山ならではで、最高気温日が確定しないと初冠雪も決まらない仕組みのためですが、ややこしいですね。さて、今回はブログで使う画像の権利とWindows11についての情報を中心にお届けします。

            ブログのその画像、本当に大丈夫ですか?

            先日、デジタル庁長官のブログで素材サイトの本来使用できないはずの画像が使われていたというニュースがありました。
            ブログやSNSなどに画像を掲載することは多いと思いますので、今回はその扱いについてちょっと気をつけないといけない点など確認の意味も含めてお伝えします。

            ▼著作権と引用

            写真やイラストなどの画像は著作物なので「著作権」という権利があります。
            著作権を持っている人の許可無しに他者が勝手に利用することはできません。著作権者の許諾が得られれば使用することはできますが、その都度、それぞれの著作権者に連絡して許諾を得るのはかなり手間です。
            そこで、一定の条件の下(「例外的」という表現です)では許諾なしに利用できる「引用」と呼ばれる方法があります。
            文化庁の「著作物が自由に使える場合」では、引用について次の記述があります。

            <引用における注意事項>
             他人の著作物を自分の著作物の中に取り込む場合,すなわち引用を行う場合,一般的には,以下の事項に注意しなければなりません。

            1. 他人の著作物を引用する必然性があること。
            2. かぎ括弧をつけるなど,自分の著作物と引用部分とが区別されていること。
            3. 自分の著作物と引用する著作物との主従関係が明確であること(自分の著作物が主体)。
            4. 出所の明示がなされていること。

            これは画像にも当てはまりますので、引用元の記述を含めて注意する必要があります。例えばブログ記事のアイキャッチとして画像を使用する多くの場合は、上記(1)の必然性があるとは言えず、引用とは認められない可能性があります。
            ですので、次のようなことはくれぐれも避けてください。

            ▼素材サイトの活用

            引用としてではなく、もっと自由に画像を使いたいときは、素材サイトのように著作権処理された画像を提供しているサービスを利用してください。
            無料で利用できるものから、定額サービス、都度購入するタイプなど様々なサービスがあります。

            ▼「著作権フリー」 = 自由に使える」 ではありません!

            「著作権フリー」と謳われているものでも注意が必要なものがあります。例えば「商用利用不可」とされているものは、ブログやSNSでもビジネスとしては使うことができません。また「加工不可」となっている場合は、画像処理しての利用が制限されます。

            ▼画像検索での探し方

            ネット上に「画像が落ちている」ことはありませんが、画像検索の機能を使って特定のラインセンスのものを探すことはできます。検索オプションの「ツール」から「クリエイティブ・コモンズライセンス」を指定することで画像を絞り込めます。
            クリエイティブ・コモンズライセンスでは、作者が利用条件を明示していてその範囲での利用が可能です。

            クリエイティブ・コモンズライセンス
            https://creativecommons.jp/licenses/

            ※利用に際しては、実際の画像のライセンスを確認してください。

            ▼自分たちで撮影した写真の注意点

            自分たちで撮影した写真では著作権とは別に「肖像権」についての配慮が必要になります。
            芸能人・著名人だけでなく顧客など一般人あっても肖像権は発生します。事例やお客さまの声などで利用する場合には、利用の許可を必ず得るようにしてください。
            また、社員・スタッフの場合も同様です。在職時は良くても退職した人物の写真を掲載したままにすることは、肖像権侵害とみなされる可能性がありますので要対応です。

            ▼画像の配置場所に関する留意点

            ・画像は自社サイト保存を基本に
            ホームページコンテンツで使用する画像は、基本的には自社サイト(サーバー)内に配置・保存してください。稀に、画像があった元のホームページにそのままリンク(直リンク)しているケースを見受けますが、権利関係がグレーになるのと相手サーバーリソースに負荷をかけることになるので、一度ダウンロードして自社サーバーに掲載し直しましょう。なお、素材サイト側で許可している場合や、自社の別サイトの画像を利用する場合は、直リンクで指定することもできます。

            ・WordPressのメディアは消さないで!
            WordPressの投稿画面上で、元のホームページをコピペすると、画像のリンクだけがコピーされて直リンク状態になるので注意してください。
            また、WordPressでは、画像は「メディア」メニューで表示される箇所に保存されます。この内容を削除してしまうと、画像が表示されなくなるので、不用意に削除しないよう注意してください。
            なお、法的な内容についての詳細・具体的なことについては法律の専門家にお尋ねください。

            Windows11 が発売されます!

            まもなく10月5日(日本時間だと10/6)に、Windows11が発売されます。
            当初アナウンスされていたAndroidアプリの動作については、今回のリリースには含まれず後日提供されるようです。
            現在、Windows10を利用していてWindows11の動作要件を満たしている場合は、無償でアップグレードすることができます。

            ▼アップグレード可否の確認方法

            Windows11へのアップグレードが可能かどうかをチェックする確認ツール「PC正常性チェックアプリ」が提供されています(改修された最新版になっています)。
            これで「OK」であればWindows11へのアップグレードが可能です。
            NGの場合は、どの要件が足りていないのか情報が表示されます。該当する要件を満たすように変更して、再チェックしてOKとなればアップグレードできます。
            なお、CPUの型式に制限があるので、発売から時間の経っている機種では、NG(アップグレード非対称)となることが多いようです。
            PC正常性チェックは下記よりダウンロードできます
            https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-11

             

            ▼移行(アップグレード)について

            多くの場合は、慌ててWindows11へアップグレード(あるいは新規導入)する必要はありません。
            むしろ当初は、既存のソフトやアプリの動作検証が間に合わず、動作しないあるいは動作保証外となってしまうことが予想されます。
             一方で、顧客サポートが必要な業種・業態では、顧客の端末が一足先にWindows11に変わってゆくことが考えられるので、サポート・動作検証のために少ない台数でもアップグレード・導入するようにしておくと良いでしょう。

            ▼Windows10はどうなる?

            Windows11が発売になることで、Windows10が終了することが決まりました。
            現状アナウンスされているサポート期限は、2025年10月14日です。
            また、半年に一度提供されている「大型アップデート」は次回提供予定の21H2(2021年の11月頃)が最終になるのではないかと言われています。大型アップデートの提供は終了しても、サポート終了までの期間は月次のアップデートは継続されるので、利用できます。
            なお、Windows10には様々なバージョンがあります。最新は「21H1」ですが、「1909」以前のものは既にサポートが終了となっています。Windows10自体のバージョンアップは忘れずに行っておきましょう。


            ・Windows10 Home/ Proのサポート期限
            https://docs.microsoft.com/ja-jp/lifecycle/products/windows-10-home-and-pro

             

            スタッフのツイート

            【藤井】

            藤井のおすすめお取り寄せの時間がやって参りました。本日のおすすめは「丸上食品工業のジャンボ餃子」です。
            関東の一部のスーパーにしか売っていない商品で、関西に越してからというもののわざわざ毎回工場に直接電話をして商品に対する愛を伝えつつ、代金引き換えで発送していただいていたのですが、この度めでたく楽天市場でも購入できるようになっておりました。
            売り切れと再販を繰り返しているようですので是非、定期確認の上ビールをご用意して入手下さい。
            以上、本日のおすすめお取り寄せでした。

            【嵐田】

            ここ数ヶ月間、実践していることがあります。それはプチ断食です。「空腹こそ 最強のクスリ」という本を読んだ影響で、1日3食しっかり食べるという食生活は 内臓に24時間休まず働け! と強要しているという事実を知り、朝食と時折昼食も 抜く生活をスタート。結果としては体重2キロ減…内臓が休まることで、体にある 余分な脂肪をエネルギーとして使うようになります。これってつまり…
            続きは書店にて(笑)

            【田島】

            今年の中秋の名月は9月21日で8年ぶりの十五夜満月でしたが、満月の日を十五夜と呼んでいるのかと思っていたので、中秋の名月が必ずしも満月ではないと知った時は驚きました。そろそろ朝晩肌寒くなってくる時期ですが、夜の天体観測には空気が澄んでもってこいの季節なので、小さいころから夢だった天体望遠鏡でも手に入れて、ちょっと夜更かしして空でも眺めようかなと思っています。

            【高田】

            秋といえば、食欲の秋・・・と言いつつ、年がら年中食べてる高田です。今日は最近オススメのレシピをご紹介します。その名も「五右衛門めんたい」。料理研究家リュウジさんのレシピなんですが、明太子におろしにんにくやごま油、唐辛子、いりごま、味の素、塩を入れて混ぜるだけ。白米にはもちろん、だし汁をかけてお茶漬けにしても最高です!伝説の大泥棒の如くごはんをかっさらうことから「五右衛門めんたい」と命名されたこのレシピ。直近の健康診断で過去一の体重を叩きだし、ダイエットせねば!と意気込んでいた私の気持ちまでもキレイにかっさらっていきました・・・そんな罪深いレシピ、皆さんもぜひお試しください。

            【後藤】

            8月にワークショップで作成したサンキャッチャー作りにはまっています。運気が上がるアイテムと聞いていろんなサンキャッチャーを作りたくなりわが家の窓という窓に飾ってます。窓辺にぶら下げて、太陽の光が当たると室内に虹色の光が差しとてもキレイです。運気が上がっているかどうかまだわかりませんがキレイな光でテンションは上がってます。

            無料お問い合わせ窓口まずはお気軽にご連絡下さい。

            0120-841-179
            受付時間 9:00~17:45※土・日・祝祭日を除く

            メールはこちら

            最新のニュースレター

            ホームページ活用法

            月別アーカイブ